ドライバーの仕事探し!自分に合った求人の探し方とは

人を乗せるのか物を運ぶのか

ドライバーの仕事は、安全運転をして時間通りに目的地までに人や荷物を運ぶことです。人を運ぶタクシーやバスの運転手は接客スキルが必要になりますが、人と関わるのが好きな人はやりがいをもって楽しく働くことができるでしょう。一方物を運ぶトラック運転手は、一人でいるのが苦にならずマイペースに仕事をしたいという人に向いています。求人を選ぶ時は、人を乗せたいのか、物を運びたいのか考えながら選ぶようにしましょう。

毎日同じルートを走るか違うルートを走るか

同じドライバーの仕事でも、最初からルートが決まっているものと、自分で考えながら走るものの2通りがあります。ルート配送や観光バスの場合、毎日決まったルートを走るので、一度道を覚えてしまえば仕事が楽になります。しかし、毎日同じ景色を見ることになるので、車で走りながら知らない所に行ってみたいという人には向いていません。一方自分でルートを決める仕事は道を覚えるのが大変ですが、新しいルートを発見したり、たくさんの違った景色を見られたりして、好奇心や探索意欲を満たすことができます。求人は、「どの道を走るのか」というのも意識しながら、仕事を選んでみましょう。

長距離を走るのか短距離を走るのか

ドライバーの仕事によって、走る距離というのも大きく変わります。短距離ドライバーの場合一日の走行距離が100km以下が多いですが、長距離ドライバーは1日に300~500km走ることもあります。長距離を走り、拘束時間が長ければ長いほど給料は高くなる傾向がありますが、その分体力的な負担も大きくなるでしょう。ドライバーの求人は、1日に走る距離はどれくらいかということを考慮しながら選ぶと、自分に合った仕事を選びやすいです。

ドライバーの求人は職業安定所だけでなく、ネットで求人情報を探すことも出来ます。スマホで空いた時間を利用して探せるのも魅力です。

You may also like...