秘書の仕事をしていくために必要な事とは?

コミュニケーション能力は必要不可欠

秘書の仕事内容は幅が広いですが人と会話する機会が多いのが特徴としてあります。例えば、自分が担当する上司とは小まめに会話する機会があり、さらに電話対応や来客対応など対人関係の仕事が多いです。つまり、誰が相手でも上手くコミュニケーションを取る必要があるので、敬語知識だけでなくて会話術も磨いていく必要があります。秘書がコミュニケーション能力不足だと、担当する上司の評価が落ちてしまう事もあるので、担当する上司の評価が落ちないように仕事をします。

コミュニケーション能力を磨く方法としては、ビジネスマナーのセミナーに参加したり、接客業の仕事をしていくと次第に人と上手く会話していく事が可能です。また、ビジネスマナー検定などの資格を取得すると、合格した時には接客能力が身に付いている事が多いです。

オフィスソフトを使いこなせるようにする

秘書の仕事には、書類作成や経費の計算などパソコンを使った仕事が多くあります。この時に使用するのがワードやエクセルなどのオフィスソフトなので、オフィスソフトを上手く使いこなせるようにしておく事が秘書の仕事では重要です。一日に多くの書類を作成する事が多く、オフィスソフトが使えないと当然仕事に支障が出ます。また、使い方を知っていても、スムーズに使いこなせない場合も困ります。秘書の仕事をする前に、パソコンスクールなどに通いオフィスソフトについて勉強します。

書店でワードやエクセルなどの参考書が販売しているので、パソコンを持っている人は家でオフィスソフトの使い方をマスターする事も可能です。

企業の社長や役員だけでなく、政治家や医師なども秘書の派遣先となっています。時給は経験者によっては4000円を超えることもあり、派遣社員としては最も高収入になります。

You may also like...