新卒採用をする場合に覚えておきたい効果的な選考のやり方

面談する機会を設けよう

新卒採用は会社の将来を背負う人材を採用する重要な活動なので、実施する場合は効果的な新卒採用のやり方を覚えておくことが大事です。たとえば、本格的に選考をスタートする前に志望度の高い人材を見極めるため、面談する機会を設けましょう。応募者に就職活動の状況を質問したり、選考に参加する意思があるのかを確認したりなど、面談を実施することによって必要な人材に目星を付けられるようになります。また、面談した人材のみ書類選考を行い、面接に参加できるようにすれば、志望度の低い人材の選考にかける時間が減ります。そうすれば、志望度が高い応募者の選考に多くの時間を費やせるようになり、会社の成長に貢献してくれる新卒を発掘しやすいでしょう。

書類選考よりも面接を重視する

書類選考は面接を行う応募者を決めるために行います。基準を高めに設定すれば、面接で対応すべき応募者の数を減らすことができます。しかし、書類選考と本人に会ってやり取りを行う面接では、印象がかなり異なる場合があります。そのため、新卒採用は書類選考よりも面接重視にすることをおすすめします。すると、書類選考では目立っていなかったとしても、面接で本当の魅力がわかり、評価できるようになります。ただ、応募者全員を面接するのは時間がかかってしまうので、最低限の基準をクリアしているかどうかを書類選考でチェックしましょう。また、面接を重視して人材を評価するなら、1回目や2回目と複数回の面接を設けると効果的です。

新卒採用コンサルティングを利用することで、採用体制づくりから内定者フォローまでプロの視点を加えた適切なサポート受けることができます。

You may also like...